洋書

なかなか届かないよ~とブログで嘆いてからもうすぐ一ヶ月。
(嘆いてた記事はこちら→
無事に手元に届いたよ~ん。


まずこちら。アメリカ50州をアップリケで作ると言う本です。



絵キルトですね。わかってはいたことですが、私の技量じゃ無理無理~。
アップリケも細か過ぎるし、裁ち切りでミシンで上手にアップリケを
出来るようにならないといけないでしょうねぇ。簡単そうな州も
もちろんありますけど。掲載されてる参考作品は、刺繍やビーズ
なんかをふんだんに使って、とっても個性的で面白いです。
眺めてるだけでも楽しいですし、自分なりにアレンジして(簡単に?)
作るのも楽しいだろうと思います。
ネバダ、ハワイは作りたいな~(行ったので)。
個人的に好きなのは表紙にもある、アリゾナ州かな。(サボテンのやつ)
モニュメントバレーと夕陽とサボテンっていうだけで素敵な景色だわ。
お隣のカリフォルニアもいいね。サンフランシスコの
ゴールデンゲートブリッジをいつか渡ってみたい。
そんなことを夢見ながら眺めても楽しいので、いくら技量なくても
買って良かったと思える一冊でした。



お次はこれ。だいぶ待ちましたが、待って良かったよ~。
買って良かったよ~。私の好みにバッチリです。


タイトルの通り、Civil War(南北戦争)時代に
作られたキルトを再現したような作品が載っています。
わりと小さめのサイズ(50cmくらい?)から、大きな作品まで。
どれもシンプルで素敵なキルトです。

ドームのキルト展なんかに行っても思いますが、芸術的な
作品ばかりで、本来の生活に密着してたキルトはどこへやら??
と最近思う私。芸術的な作品はもちろん素晴らしく、
自分では絶対に作れないので、すごいなぁと思いながら
見せて頂いてるけど、私はやっぱりシンプルで伝統的なキルトが
大好きだなぁ。ちなみに今年のドームはアーミッシュのコーナーが
好きだったな。

この本なら、頑張れば自分でも作れるんじゃないかって思わせて
くれる。小さめの作品からトライしてみようと思います。
この本は南北戦争時代の写真なんかも載ってまして、
英語だから読めないけど、その時代のお話がいくつか
載ってると思われます。辞書を片手に当時の生活を
思い浮かべながら作りたいなぁなんて思ってます。
しかし、いくら辞書があっても私が読解出来るかは
別問題だわ~。




 ランキングに参加しています
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへにほんブログ村 犬ブログ トイプードルへにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 にほんブログ村

 いつも応援ありがとうございます。
 これからもよろしくお願い致します。



テーマ : キルトの本(洋書・和書) - ジャンル : 本・雑誌

<< 3連休はまったりと・・・ | ホーム | ポロンちゃん、眠いそうで・・・ >>

長い事、待った甲斐があって良かったね~^。^

私も、キルトはトラディショナルな物が好きだわ~
そかも、実際の生活で使える物

ここサウスキャロライナは実際に南北戦争の舞台になった場所で
毎年3月の第一週末が当時を再現する催しがあり
私達のキルトギルドもキルトハンギングをしながら参加してます。
昨年、上等兵を装った方が一枚のキルトを持って来て
色々と説明をしてくれたり質問したり、、の光景を私は横で眺めていました。
このキルト、当時、戦争で傷ついた人を介護した時に使ったそうで
洗った後もやはり血痕が染みでていたり
当時の新聞がキルト芯の一部として使われていたり
何だか背中がぞくぞくしてきましたよ。。。

puruneさんへ

やっぱりキルトは昔ながらの物がいいですよね。
使えるキルトを作ることが目標です!
サウスキャロライナは戦争の舞台だったのですね。
色んな事を知りたいと思う気持ちもあるけど、
知ったら知ったでなんだか複雑な気持ちに
なるんですよね、戦争の話って。
今の平和に感謝ですね!

いい本を見つけられましたね。私も探してみようっと。

文章を理解するのは難しいですよね。キルト雑誌定期購読してますが、全部を読むのは疲れます(苦笑)
そうそう、私のお気に入りのキルトショップ2軒とも、日本のキルトジャパンを置いてますよ。写真がとてもきれいで上手に撮れてる雑誌だから、アメリカ人にも好評なんだって。

りえさんへ

キルトの洋書は大好きでよく買うんですけど、
文章はほとんどすっ飛ばしてます~。
今回の本はちょっと読んでみたいです。
辞書片手に頑張ります!!
キルトジャパン、アメリカでも売ってるんですね。
写真は確かにきれいですよね。でも重たいかな。
アメリカのキルト雑誌は軽くて薄くて素敵な作品が
いっぱいで、旅行の時に必ず数冊買うんです。
コンビニにキルト本が売ってるって超嬉しいです。

本当だ~おそろいですね。
ドームのキルトの感想、私も全く同じ事を思いました。そして、一番好きだった展示も同じです。
アメリカのアップリケの本・・私も興味はあったのですが、「絶対作らない」いえ、作れないだろうな~と、思って、今回は、見送りましたが、おもしろそう!!
見てみたくなりました~。

nezukoさんへ

コメントありがとうございます♪
ドームのキルト展はお教室のみんなも
口をそろえて同じこと言ってました。
自分たちが目指すキルトではないなぁと。
なんか美大でも出てなきゃ作れないような
感じですよねぇ。
50州のキルトは私も絶対作れそうにないです。
でも見てるだけでも楽しかったですよ~。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP