ポロンが嫌いな事。それはお留守番。
普段ほとんど声を出さないポロン。でもお留守番となると11歳になった今でも鳴く。
それはそれはキャンキャンと鳴きまくり、困ったものなのです。

夫の実家にはよくポロンを連れて帰っていました。2か月に1度くらいかな?
義母の手料理をご馳走になることも多かったけど、義両親と4人で外食することもあった。
そんな時はもちろんポロンは実家でお留守番。
自分ひとり残されて、4人で出ていくものだからそりゃあ鳴くわけで・・・
ほんの2時間くらいの留守番だったのに、時間なんて関係ないものね。留守番がイヤなんだから。

義母が緩和ケア病棟に入院することになり、その入院に付き添い病院に行く朝、
ポロンを自宅に留守番させるか実家に留守番させるかかなり迷った。
また会える・・・と思いたい反面、最後に会わせるべきか・・・と悩み、
結局は実家に連れて行ったの。
すごく可愛がってくれたし、ポロンも懐いてた。
ポロンと初めて会った時、赤ちゃんポロンは義母に抱かれてたの。
義母の知り合いのブリーダーさん宅で産まれたポロン。
お義母さんがいなければポロンに逢えなかったんだよ・・・

入院する少し前に実家に行った時、義母はポロンを抱いて
「ポロンちゃん、もう会えなくなっちゃうけど、あなたは長生きしなさいね」と言いながら
ナデナデしてくれたの。
ポロンが義母のお顔を舐めようとしたら、
「ダメよ。病気が移っちゃう」って言う義母。(もちろん移る病気じゃないのに)
「移らないよ~」とその場にいたみんなが言うと、
「でもね、縁起悪いから、やっぱり舐めちゃダメ」と言ってたっけ。

それからたった2週間後に緩和ケアに入院することになってしまった。
もう義母はポロンを抱き上げる力もなかったので、夫が抱いて
「ポーちゃん、お母さんだよ~」と義母の胸のあたりに近付けたの。
「ポーちゃん、ポロンちゃん」とナデナデしてくれました。

いよいよ家を出るとき、ポロンがギャン鳴きするだろうと思った。
ところが、4人が出ようとしても鳴かない。
玄関に大人しく座り、ジーッと見つめてるの。身動きせずにただただジーッと。
玄関を出ても、ドアを閉めても鳴かなかったんだよなぁ。こんなこと初めて。

あれ以来、一度も家に帰れることなく旅立ってしまったお義母さん。
ポロンはお別れがわかってたのかなぁ?あの仔なりにお別れしたのかな?

IMG_51410.jpg
実家のベッドでまったりするポロン。ぬくもり感じてる?

IMG_51240.jpg
頑張ってお線香の番をするぞ~のポロン。
その横で私はフルーツに食いつかないよう見張ってます(^^♪

IMG_51250.jpg
お線香の番のつもりが座布団が気持ちいいだけか?という疑惑も・・・

でもやっぱり、どの写真も少し寂しそうです。




 ランキングに参加しています
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへにほんブログ村 犬ブログ トイプードルへにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 にほんブログ村

 いつも応援ありがとうございます。
 これからもよろしくお願い致します。



<< 久しぶりに・・・ | ホーム | >>

まずはお義母様のご冥福をお祈りいたします。

記事を拝見して涙が出ちゃいました。
犬は空気を読むと感じていますが、ポロンちゃんも
何か感じるものがあったのでしょうね。
お義母様のおかげでポロンちゃんに巡り会えたんですね。寂しそうなポロンちゃん、まだお義母様の気配を感じているのでしょうか。


lovemapleさんへ

ありがとうございます。
普段は犬らしくなく、鈍感なポロンですが、
実家に行くと気配を感じるのか、
お決まりのソファーには行かず、
祭壇前のお座布団の上でくつろいでます。
そう、ポロンは義母のご縁で飼えることに
なったんです。本当に優しくて大好きでした。
寂しい毎日ですが、ボチボチとキルトも始めようかな。

ポロんちゃんは全てを察し、理解してますね。
もの言わぬだけにその姿が余計に辛くなりますね。。。
悲しいけど、元気に過ごすことが義母様への一番の供養ですから
Poporinちゃんもまたチクチク始めて素敵な作品を紹介してね〜

プルーンさんへ

ありがとうございます。
やっぱりポロンは色々とわかってるんですよね~。
実家に行くと寂しそうな表情になります。
キルトはやる気にならず、刺繍を始めました!

泣かせるね〜。涙涙
ポロン君さみしそう。

eikoさんへ

本当に涙涙の日々でした。
まだ信じられなくなる時があります。
ポロンもわかってるのか寂しそうにしてますよ~。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP