先日、古本屋さんでまたもや素晴らしい出会いがありました。
1996年に発行された、シェルバーン美術館に所蔵されている、
アンティークキルトの本です。



この本はどうやら、シェルバーン美術館の創立50周年の記念で発売されたみたい。
シェルバーン美術館とは、アメリカのヴァーモンド州にある、アメリカで最も歴史の古い
美術館だそうです。
収蔵品は、開拓時代の生活用品だったり、フォークアートのコレクションが中心なんだそう。
アメリカンキルトは700点以上所蔵されているそうです。
この美術館の50周年記念の展示会で展示された54点のキルトが、
この一冊に収められています。

IMG_3429.jpg

IMG_3427.jpg

IMG_3428 (3)

嬉しいことに、全ての作品に日本語の説明が載っています。
日本でも発売したんですね~。巡り巡って私の手元に届いて嬉しいです。
こういうキルトを見ると、原点に返りたくなりますね。
54点とも18~19世紀に作られた作品ですって。

古本屋さん自体が年末で全品20%OFFのセール中でした。
1000円⇒800円で買えたので嬉しいな。
年末の古本屋さんって、もしかしてお宝発見出来るのかも。
整理をして手放した人の本が集まってますものね。

よい本に出会ってラッキーでした(*^。^*)

ヴァーモンド州、行く機会なんてないんだけど、いつかはこの美術館にも
行ってみたいですね。





 ランキングに参加しています
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへにほんブログ村 犬ブログ トイプードルへにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 にほんブログ村

 いつも応援ありがとうございます。
 これからもよろしくお願い致します。



<< 良いお年をお迎え下さい | ホーム | かなり無謀な挑戦ですけど >>

もう10年以上前、シェルバーン美術館のキルトが日本に来て、観にいきました。素晴らしい作品ばかりでした。
とくにキャリコのお庭の作品の前に釘付けになり、私風キャリコのお庭を作りました。
素敵な本ですよね。私も持っています。

woodwindさんへ

そうだったのですね~。
普通に発売された本には見えなかったので、
展示会場で売られてたのかな?と思ったけど、
日本語の訳があるのに、まさかあれほどの
作品たちが日本で展示されるのか?と疑って
しまいました~。
展示会、行かれたのですね。いいな~。
10年以上前となると、私はまだキルトを
始めてなかったかもしれません。
貴重な機会でしたね~。

こんばんはー

わぁ~poporinさん。良い本に出会えましたねー  さすが都会の古本屋さんですねー
うらやましいわ~

私2回ほどシェルバーンミュージアムに行ってきました。なので余計にうらやましい(笑)

初めに紹介されているパタン、作ってみたいな。

見ているだけでも楽しくなりそうな本ですね。
なんでも見つけるのお上手で見習わないと(笑)
寒くなりましたね~風邪ひいていないかな?
残す今年もあとわずか・・・1年本当に早いですね

とみママさんへ

きゃ~、とみママさんは行かれたこと
あるんですね!しかも2回も!!
羨ましいです。私も一度は行きたいです。
古本屋、たまに覗くとお宝に出会えます~。
良く行く本屋は2軒とも吉祥寺です。
1軒はお稽古のあの場所から3分もあれば
行けるのですが、でも火曜が定休です・・・
今回はもう一軒の方で買いましたが、
こちらは駅近です~。
眺めてるだけで楽しいです。
今度お会いする時には持参するので
ペラペラ見てみて下さいね!!

アンティークキルト

この本 私も 持っています。あの頃はアンティークキルト展が 何度か開かれていましたね。展示会場で購入したものだったか 見逃したから 国際アートから 本だけ 購入したものだったか忘れました。

オルゴールさんへ

オルゴールさんもこの本お持ちなんですね~。
こんな素晴らしい展示会が日本で
開催されたんですね~。
今だったら絶対に行くんですけどね。
またこんな機会があったらいいですね~。

昔のキルトが沢山載っている本に出会い、
ラッキーでしたね。
バーモント州と’いえば、ターシャ.テューダさんのお宅があるところだったかな?

eikoさんへ

ターシャさんのあの素敵なおうち&お庭は
ヴァーモンド州なんですね!
日本からも確かツアーが出てた事が
ありましたね。
アメリカ、まだまだ行きたいところが
いっぱいあって困りますー。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP