5月15日(木)~21日(水)まで、吉祥寺東急百貨店8階の催事場にて、
黒羽志津子さんの展示会が開催されています。

IMG_5155.jpg




初日に早速行って来ましたよ~。
今年のドームのブースで拝見した、黒羽先生の新作をまたまた鑑賞することが
出来ました。先日、日本橋三越で開催された「美しい日本 キルト展」にも
展示されてたミニサイズのログキャビンも、再度見せて頂くことが出来ました。
それ以外の作品は、先生の生徒さんたちの作品です。
吉祥寺東急は、そんなに大きなデパートではありませんが、
すごく沢山の作品が展示されていたんです。生徒さんの作品もまた、どれも素晴らしいのです。

今回の展示会、何が贅沢なのかと言いますと、各日、2時から黒羽先生ご本人の
説明付きで会場を見て周れるのです。
「スタディツアー」とあったので、てっきり、関係者の方の説明かと思ってたら、
ご本人が一つ一つの作品を解説して下さり、作り方のポイントを詳しく教えて下さるのです。

↑の写真の左側の案内の葉書に掲載されてる作品が、ドームにも飾られてた
新作です。記憶に新しい方もたくさんいらっしゃるでしょう。
この作品は2m90cmだそうです。
東京ドームは毎年、海外の作家さんを招待してブースを設置していますが、
ここは日本ですから、日本の作家さんにも大きなブースで展示してもらおうという
ことで、第一回目の今年、黒羽先生の大きなブースを設置したそうです。
NHKからの要望として、新作は3m大の作品を作ることとあったそうです。
それからキルト人生の中で、この時代の物はお見せしたくないとか、
この作品は展示したくないとか、そういうことはダメだったそうで、
いつの時代の作品も展示して頂いて、全てをさらけ出して欲しいと言われたそうです。
ドームのブース、本当に素晴らしかったです。
私、和のキルトにはあまり興味ないんです。でも不思議と黒羽さんの作品は
すごく好きなのです。藍のキルトとか、いつか作りたいという気持ちもムクムクと
湧いてしまうくらい見入ってしまいます。

IMG_5157.jpg
ドームにも先生のパネルがいくつか飾られてましたよね~。
東急にも同じものが飾られてました。

約1時間くらい、色々なお話を聞けました。すごく興味深いお話も聞けて
とっても楽しかったです。
せっかくのお話、忘れないため、覚書としていくつか記しておきます。

キルティングをする時、中心からではなく、外側から入ること。
これは目からウロコでしたね~。
外側からキルティングをすることによって、歪まない作品が出来るそうです。
そして外側にはキルトラインをしっかり入れること。丈夫な作品になるそうです。
キルティングは中心から始めるのが普通だと思ってました。
しかし、中心からキルティングをした場合、キセが生じた時に、
それを逃がし放題で外へ外へと追いやってしまうので、結果、歪むのだそうです。
初めに外側をキルティングしてしまえば、どうしたって決まったスペースで
キセをバランスよく始末するしかないわけなので、全体が仕上がった時に
歪んだ作品にはならないそうです。
それから落としキルトですが、表から針目が見えないよう、チクチクする人が多いけど、
そこばかり意識をすると、裏のキルトラインがまっすぐにならず、裏がキレイな
キルトにならないそうです。リズミカルな運針で縫うことが大事だそうです。
たとえ、針目が隠れなくても。針目を見えないよう、際を縫い続けてたら、
何十枚のキルトを仕上げたとしても上手くはならないそうです。
それから、タペストリーを作る場合、歪んだ作品はダメなんですって。
家には天井という横の定規、柱という縦の定規があるので、そこに歪んだ作品を
飾っても、美しく見えるわけがないのです。
縦、横のサイズをきちんと合わせることが大事だそうです。
そういう意味でも、外側からキルティングをして歪みを防止するんでしょうね。
ただ、外側からのキルティングというのは、しっかりと仕付けがけをすることが
重要と言うか、仕付けがけが甘いときっと大変なことになっちゃいますよね^_^;
あと、作品を見る人が想像を膨らませられるような作品作りを心がけていると
おっしゃってました。月や太陽、水の流れなど、誰もが目で見て知ってる物を
そのままキルトにするのではなく、想像する楽しみを残すような作品を
作り続けていらっしゃるんですって。

他にも色々、小物の仕立て方や生地の選び方、パターンの配置の仕方などなど、
勉強になるようなお話ばかりで、すごく楽しかったです。
期間中、もう一度お話を伺いに行きたいくらいです。

お買い物コーナーもありまして、少しお買い物しました。
リッパーと、トラプントの時に生地を切らずに綿詰め出来るお道具と、
目打ちを買いました。どれも黒羽先生オリジナルのお道具です。
ドームでは他で散財しちゃったため買えなかったので、今回お買い物しました。
あとチャリティーで作られたミニベアちゃんも!
お道具についてはまた別途紹介したいと思います。

21日まで開催してますので、お近くに来られた方は立ち寄ってみて下さいね~。
入場無料ですよ。先生の解説ももちろん無料です。
なので、出来れば、2時に行かれてみて下さいね~。
最終日のみ、17時までなのでお気を付け下さいね。








 ランキングに参加しています
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへにほんブログ村 犬ブログ トイプードルへにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 にほんブログ村

 いつも応援ありがとうございます。
 これからもよろしくお願い致します。



<< 新緑の中を | ホーム | 2015年のキルトカレンダー、予約始まってま~す。 >>

キルティングを外側から!!
何年間もハンドの頃から、キルティングは中央からって思いこんでいました。
逃がし放題でした(笑)

ミシンになってから、なおさら思うのは、
カットと縫い代、そしてピーシングが終わったときの再度のサイズ確認が本当に大切だと言うこと。

しつけ、それをしっかりしていれば、歪むことは無いはずですですよね。
うん、無いはず・・・・(汗)

とても興味深いお話、シェアしてくれてありがとうございました!

今日も良いお天気!ポロンちゃんとお散歩を楽しんでくださいね。  あ~、一緒に公園お散歩したいわ!!

lovemapleさんへ

外側からのキルティング、意外ですよねー。
私も中心からが鉄則だと思い込んでましたもん。
私も逃がし放題でしたよー。
せっせと手で外側に伸ばしてました(^_^;)
最近、気持ちいいお天気ですよねー。
長い散歩が出来る季節もあと少しなので
満喫してます(*^o^*)

今週は実家へ行かないので、残念だわ~。
良いお勉強ができて良かったね。
外からのキルティング、私も初耳です。
今度挑戦してみるわ。

想像力をかきたてられるような作品、作ってみたいねえ~。

大阪へ行ってしまったうちの次女。指輪もらった、と写真付きの一言のメールよこしました。ようやく安心できそうです~。

キルトさんへ

帰省の時に寄れたら良かったですね~。
私は今日、もう一度作品を見に
行って来ますね。
次女さん、良かったですね~~。
幸せいっぱいヽ(^o^)丿
キルトさん、ますますお忙しくなりますね。
大きな楽しみが出来ましたね~~。

次女の卒業式と長女のブライダルシャワーで
南と北へ飛び回った怒涛の一週間が終わり
やっとpoporinちゃんのブログもゆっくり拝見できました。

私も外から中へのキルティングは初耳です。
相当、丁寧にしっかり仕付けを掛けないといけないですね。

何時か、羽黒さんのお話も聞いてみたいし
作品もじっくり見てみたいわ。

プルーンさんへ

お忙しそうな日々でしたね~。
おめでたいことが多くて、お疲れでも
お幸せそうですね~~。
まだまだ忙しい日々が続きそうですか?
体調崩さないで下さいね~。
私もバタバタな日々を送ってます~(>_<)
外側からのキルティング、初耳ですよね~。
黒羽さんはミシンピーシングで
ハンドキルティングなんですよ~。
プルーンさんと同じですね。
とても興味深いお話が聞けて良かったです!

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP