少し前の記事で、メダリオンに使う候補の生地を大量に引っ張り出したことを
ブログに書きましたが・・・こちらです⇒
その中から、とりあえず、これでスタートしようという生地をいくつかピックアップ
してみました。先生とお教室仲間の皆さんにも意見を頂いて。


ちょっとおとなし目のラインナップ。
これに黄色、緑、ピンク、茶などを足していき、落ち着きつつも、
カラフルなキルトを目指したいと思います。

今回、製図に使った製図用紙が思いのほか使いやすかったので紹介しますね。
方眼製図用紙750mm×1050mm 3枚入り。

IMG_5703.jpg
洋裁用なのかな?大きいし、紙も薄くてツルツルしてて破れにくいです。
折りたたんでも普通の紙の方眼用紙よりも厚みが出ません。

ただ、メモリが1cm単位なので、正確に円を描いたり、カーブを描いたり
するような製図は、ミリ単位の物の方がいいですね。
今回、私はデザイン全部が直線なのでこれを使いました。
300円くらいだったかな?500円くらいだったかしら?
記憶が定かではなくてゴメンナサイ。でも安かったのは確かです。
洋裁コーナーに売ってましたよ~。
大作に取りかかる方にお勧めです(*^。^*)







 ランキングに参加しています
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへにほんブログ村 犬ブログ トイプードルへにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 にほんブログ村

 いつも応援ありがとうございます。
 これからもよろしくお願い致します。



製図はすっ飛ばしたいと言ってた私ですが、
やはり、きちんとやることにしました。
結構細かいピースを繋ぐので、実物大製図があった方が良さそうです。
そして今回はセンチで作ることにしました。


メダリオンの部分だけで60センチ強になると思います。
そこから色々と展開させて、最終的には120センチくらいになるかな。

大きな作品と思ったけど、家が狭いからね。
飾っても圧迫感のないサイズが良いよね~。

明日はちょっと縫い始めようっと。

これかたポロンくん、お散歩へ連れ出します。
きちんと歩かせるの、何日ぶりだろ?
では行って来ま~す(^_^)/~



 ランキングに参加しています
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへにほんブログ村 犬ブログ トイプードルへにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 にほんブログ村

 いつも応援ありがとうございます。
 これからもよろしくお願い致します。



製図止まりだったメダリオン。
お教室の皆さんはとっくに縫い始めてるのに、
ワタクシ、相当遅れをとっております。

ハンドのお教室なんで、皆さんハンドで
チクチクしてますが、
ミシンでやりたいんだよなー。
そうなるとインチの方が楽チンなんだよな。
製図もまだメダリオン部分しかやってない(^^;;
製図すっ飛ばしてもいいかしら・・・


先日購入した、ジュディさんの生地8yd。
それと25周年の生地セット。
今回のキルトの最強助っ人アイテムです。
右の2種はベースに使おうかなと思ってまーす。

⬆︎だけではもちろん足りないので、
我が家の渋布もガンガンと使って
いきたいと思います。


第一弾!


第二弾!!


第三弾!!!

配色は慎重に。
大柄、中柄、小柄をバランス良く。
私の中ではこれ鉄則です。
柄を活かさず、大柄を細かく切らない。
見て目がガチャガチャするような
作品にならないよう注意する。

先生に習って来たことをスタート前に
改めて思い出してます。

長ーい道のりになりますが、頑張ります(^O^)/






 ランキングに参加しています
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへにほんブログ村 犬ブログ トイプードルへにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 にほんブログ村

 いつも応援ありがとうございます。
 これからもよろしくお願い致します。



ようやく、メダリオンを始めました。
まずはミニサイズの製図から。



まだ中心部分のみですが、このミニサイズの製図の上に、
使いたいと思ってる生地をお試しで
乗せていきます。
全体の雰囲気とか色のバランスがオッケーなら、
実寸大で製図をし、いよいよ作成開始です。

👇昨日の続きの写真です。



あれからね、お友達犬のペーターちゃんと
ママさんが来てくれたのー。
雨だったけど、楽しく過ごせました。
ポロンは仲良しなペーターちゃんと一緒だと、
本当に嬉しそうな顔するの~



 ランキングに参加しています
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへにほんブログ村 犬ブログ トイプードルへにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 にほんブログ村

 いつも応援ありがとうございます。
 これからもよろしくお願い致します。



| ホーム |


 BLOG TOP